診療科一覧

トップページ > 診療科一覧 > 食事療法科

食事療法科

イメージ

当院では、ワンちゃん・ネコちゃんの治療に、食事療法を活用しています。

食事療法科のアドバイザーとして日本獣医生命科学大学 非常勤講師 藤井 立哉 先生に食事療法指導を行っていただいております。

動物は、健康維持に必要な栄養を食べ物から摂取します。ところが病気になると、消化・吸収・代謝のバランスが崩れ、このことが治療の妨げとなる場合があります。
食事療法では栄養状態を評価し、お薬などによる治療を栄養面からサポートします。

食事療法が適応となる主な疾病や健康状態
  • 尿石症
  • 肥満
  • 皮膚疾患
  • 食物アレルギー
  • 腎疾患
  • 心疾患
  • 消化器疾患
  • 関節炎
  • 栄養不良
  • 糖尿病
  • 高脂血症
  • 甲状腺機能亢進症

食事療法では、まずは現在の栄養状態を評価するため、食生活をはじめ、ワンちゃん・ネコちゃんの家庭でのすごし方などについても確認します。

1
体型、筋肉量、皮膚・被毛の状態を観察し、全般的な栄養状態をチェックします。
2
食事の種類(市販のフードの銘柄や自家製食のレシピ)、食事の量や回数、主な食事以外に与えているもの(おやつ、サプリメント、他)など、 現在の食事内容について確認します。
3
食事や飲水の場所、散歩・運動の程度、日中のすごし方、家族や同居動物との関係など、飼育環境について確認します。

これらの情報をもとに、効果的な食事療法を進めるために、ワンちゃん・ネコちゃんの状態にあわせ、食事の選択、与え方、家庭での注意事項などについてアドバイスを行います。

check肥満は万病のもと

当院では、ワンちゃん・ネコちゃんの肥満外来をはじめました。
効果的で安全な減量プログラムを作成し、定期的な診察で体重変化や健康状態をチェックします。
減量中の家庭でのすごし方や悩み事などについてもアドバイスいたします。
診察日など、詳しくは当院スタッフまで、お尋ねください。

check健康診断や受診時の食事相談

子犬・子猫の食事、避妊・去勢後の肥満予防、食物アレルギーなど、ワンちゃん・ネコちゃんの食事に関するご相談については、当院スタッフまでお尋ねください。