診療科一覧

トップページ > 診療科一覧 > 再生医療

再生医療

動物自身の幹細胞を体外で培養・増殖させて、再度体内に導入し、病気や怪我で失った臓器や組織の機能を再生させる治療法です。
再生医療によりこれまで治すことが出来なかった病気が治療できるようになりました。
骨折・骨折癒合不全、脊髄損傷(椎間板ヘルニア)などに効果が期待できます。

スーパーライザーHyper5000A2J

@お預かりした血液や脂肪を遠心分離にかけて必要な細胞を取りだします。

A栄養を加えながら2週間程かけて細胞を増やして行きます。

イメージ イメージ

B元気に増殖している細胞です。

C投与前には細胞が増えている事と細胞の数や形そして安全性を確認します。

イメージ イメージ

治療の流れや費用につきましてはお気軽に獣医師にお問い合わせください。